風俗は別の世界という考え

風俗業界というものは、一般の社会とは全く別世界の形をとっており、いったん来店をすると、多くの女性から自分を好意的に見られるような形で、まるで王様の気分を味わえるような形となります。
一般的に、現在の男性というものは、女性に対して威張ることもできず、とても可哀想な社会生活を送っている人や家族生活を送っている人もとてもたくさんいると聞きます。
昔のような封建社会ではありませんので、当然女性の方を征服するような欲望というものを持つということが犯罪行為にもなりますので、あまり喜ばしいことではなく、男性というものは、このような女性を征服すると言う欲望というものもある程度持ちながら、それができずにつらい思いをしている場合が多くあります。
現在の日本というものは、自由な社会であり、自由民主主義国家でありますので、当然他人を抑圧したり征服したりするということは、基本的にできませんので、このような行為を強制的にしてしまえば当然犯罪行為として警察の取り締まりの対象となってしまう可能性が高くなってくるのです。
風俗業界というものは、男性のこのような欲望というものを満たしてくれるような業界というものがとても多く存在しますし、中には一般的な社会では考えられないような形で楽しむこともできるようになっていますので、風俗は男性の欲望というもの解消する上ではとても貴重な存在となっているのがこの業界となるわけなのであります。
このような業界というものをもし日本の中で規制の対象として取り締まりを強化したならば、多くの日本人というものは非常に困ってしまう形となり、性欲の発散の場がなくなってしまうことになりますので、多くの犯罪や暴力行為というものが多発してしまう可能性というものが高くなってくることは言うまでもありません。
風俗業界というものはどうしても日本では最低限必要となってくるものでありますので、これらの業界と言う物をマイナスに見るということは決して良くないことであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です